お金の相談はプロミスへ電話するのが一番

計画的にお金を使い一切の無駄遣いや衝動買いをせず、更には自分の趣味にする為に、図書館で借りた本を読む事にしており、お金に困る事は考えられない為に消費者金融業者の適切な利用方法を知らないという人がいたとします。

この様なある意味完璧主義者というタイプの人が、想定外の事が人生に起きてしまい、お金を用意しなければならないとなれば、右往左往してしまうかも知れません。
そういう時にはとりあえず落ち着く事が大切ですが、その次に行う事は餅は餅屋という諺を思い出しましょう。

すなわち、お金を融資してくれるプロフェッショナルに相談するという事です。

その様な場合には大手と呼ばれる中でも、信頼感や安心感のあるプロミスのオペレータースタッフに電話してみると良いでしょう。
お問い合わせフォーム等から問い合わせる方法もあるかも知れませんが、急ぎの時には電話で問い合わせるのが賢明であると言えます。

そうすると、当該の消費者金融業者の窓口に直接、来店して貰う方法等をするかも知れません。

しかし、当人が繁華街やターミナル駅等から遠くの土地にいる場合では、事実上自動車で目的まで、何時間か走らなければならない事もあるでしょう。
ですからこの様な場合には、インターネットの利用をするという方法が現実的な方法と言えます。

何故なら手続きが、家屋に居ながらにしてパソコン等の端末から申し込み手続きを、完了させる事が出来るからです。

もしあまり、パソコンやスマートフォン等のデジタル機器に障る事に抵抗があっても、プロミスのオペレーターは一つ一つ、分かりやすく教えてくれますから手続きを完遂する事が出来るでしょう。
そして、カードローン等を申し込む際には、運転免許証や保険証等の身分を証明出来るものが必要です。

しかし50万円を超える場合には、収入の証となる書類も必要になりますので注意しておきましょう。

すぐ借りれるナビ※低金利で借入したいなら銀行系カードローン

プロミスと銀行ではどちらを選ぶ?

ローンを組むという場合においてプロミスという消費者金融業者を利用する理由は、大手と呼ばれる安心感はあるかも知れません。

与信審査が可及的速やかであり、尚且つ即日融資が用意であるばかりでは無く、審査基準はそれほど困難では無いので審査に通りやすいという利点があります。
しかし、安心感という面では銀行でローンを組むという方法があり、どちらを選択するのかというのは悩ましい所かも知れません。

ただ、銀行でのカードローンを組みたいと考えていても、金利は安い替わりに与信審査は厳しく、審査をパスする事は容易ではありません。

年収や勤務している会社名、あるいは勤続年数等は聞かれるのは想像は付くでしょう。

しかしながら、それだけで終わらないケースもある様です。

例えば一人暮らしであるのか、妻子を抱えた家族住まいなのか・子供は公立の学校に通っているのか、私立なのか等まで細々とした聞かれる銀行もある様です。
つまり、それだけ銀行はお金を利用者に貸す事に、厳格であると言えます。

ですから、容易にローンを組めるか否かという面においては、プロミスに軍配が上がります。

またこの消費者金融業者は、初めての利用に限りますが30日間無利息サービスは、大きなメリットの一つと言えるでしょう。
消費者金融業者にとって利息は無くてはならないものであり、これが無ければビジネスモデルとして成り立ちませんが、プロミスでは当たり前のサービスなのです。

更には、初回の30日以内に追加でお金を更に借りたとしても、30日間無利息サービスは適用されるのですから、初回限定とは言え太っ腹としか言いようがありません。

つまり、利用者に良心的な金融業者と言えます。

カードローン審査甘いナビ

お金を借りるのはどんなとき?

私がお金を借りるのは、給料日前が多いです。浪費癖が抜けず、給料をもらうと衝動買いしてしまうのです。その結果、給料日の1週間前になると金欠を招いてしまうわけです。毎月不足する金額は2万円程度ですが、不足するたびに親から借りていました。それが原因で親とケンカしたことは何度もあり、カードローンでお金を借りることを決めたのです。

借りる金額は2万円程度であり、給料日に一括で返済しています。そのため、利息は80円くらいしかつきません。ジュース1本よりも安い利息なので、親から借りるより気楽でいいです。

カードローンは高金利で危ないという方もいますが、これは借り方に問題があるのでしょう。事前に金利の説明を受けて借りますし、違法金利で融資している業者はありません。
も一部にあるのでしょうが、貸金業登録をしていないので業者とは言えないでしょう。

カードローンの利用枠は5万円に設定しています。当初は10万円にしようと考えましたが、使える枠があると浪費する可能性があると考えたので5万円にしました。実際、5万円以上が必要になるケースはほとんどないので、この金額で不満はありません。借りすぎを防ぐためには、希望額を抑えるのが一番だと思います。